MENU

妊娠中なぜ甘い物が食べたくなるのか

2016年5月27日

こんにちは。

久しぶりの雨でしたがもう雨はやんだ青葉台です。

そんな今日は妊娠中に経験したことがある方が多くいらっしゃうかもしれない。

甘いものが無性に食べたくなることについてお話ししていきたいと思います。

昨日も妊婦さんの患者さんがネイチャーボディへ来院されたのですが

無性に甘いものが食べたくなり、

買い物へ行く際も甘味売り場に足を運んでしまうそうです。

気持ちはわかりますがセーブできるところはしておかないと出産時の時には大変。
 
これから産まれてくる赤ちゃんの事を思い浮かべ乗り切りましょう。

赤ちゃんのためと思えばママなら頑張れるはず。

ではなぜ甘いものが食べたくなるのか。

妊娠中は胎児の栄養としてブドウ糖が胎児に送られていきます。

その事により母体から糖分がとられたことにより糖が不足し甘い物が欲しいと伝達されるのです。

特に妊娠8ヶ月ころに一番胎児に糖分が栄養として送られるようになるので妊娠後期になると。

自分でもびっくりするぐらい甘いものや食欲がとまらない経験がある方も多くいらっしゃるのではないでしょうか

甘いものが食べたくなるのは赤ちゃんへの栄養を送る為におきた自然的な事なので、

甘いものが無性に食べたくなる事は良くある事です。

お菓子とかではなくなるべくフルーツを食べると良いかと思います。

あとは家にいるとどうしても食べたくなったりするので外に出て気を紛らわすのもいいかもしれません。

その際は紫外線対策はバッチリしてお出かけして下さいね。

妊娠中はホルモンのバランスにより普段よりシミなどができやすいので、

今甘い物が食べたくってしかたがない妊婦さん。

ストレスをためない程度にうまく息抜きをしながら甘い物はお菓子ではなくフルーツなどを食べ赤ちゃんにたっぷりいい栄養を与えて下さいマタニティ生活を楽しんで下さいね。

この記事の関連記事

夏休みが終わった方もちらほらいらっしゃるのではないでしょうか?今年も暑い夏が終わろうとしていますね。また残暑もどれほど暑くなるのでしょうか?そん今回は暑い夏が終わりなので秋に向けてのケア方法をお伝えしていきたいと思います。夏は一番気にされていたのが

経皮毒みなさんは耳にしたことなどありますか?実は私もここ1年くらい前にお聞きしたばかりなんです。しかし経皮毒の怖さなど知ってよかったと感じましたのでみなさんにも知ってもらいたいなっと感じ、今回経皮毒についてご紹介させていただきたいと思います! 経

美肌になりたいと誰もが思うと思います。私も美肌を目指す1人です。いつまでも若々しくいたい、綺麗な肌でいたい、シワやシミが一つもない肌になりたい、透明感がある肌になりたい。言い出したらきりがない。でも女性ならいつになっても思うことだと思います。毎日鏡


アーカイブ

2019

最新記事


© 2019 青葉台の一番よくなる整体ならネイチャーボディ All rights reserved.