▼ MENU

妊娠中の辛いつわりどうにかしたい

投稿日: 2016年5月26日  | カテゴリ: 逆子・マタニティ・妊娠中

のぼせるぐらいはやりすぎですので温める程度でいいですよ。

冷えは妊娠中も体には良いことはありません

冷えにより逆子になるリスクもありますので

足湯の際に匂いが大丈夫なアロマオイルなど使っても癒し効果がありリラックスできるとおもいます。

日頃から冷えに関しては気を使うと良いでしょう

妊娠中も楽しくまた素敵なマタニティ生活になるように妊娠中のトラブルは軽減できる所は軽減し

ケアできる所は鍼灸治療などを受け

プロの力、自分でもできることはやりうまく付き合っていただけたらと思います

新着記事

テスト

テスト   テスト     テスト   テスト   テスト

焼き椎茸〜妊活レシピ

ネイチャーボディでもココ何日かの寒さのためストーブが登場しました。 とても温かいです。 そんな今日は椎茸を使ったレシピのご紹介です。       材料椎茸(6個)しそ(3枚)味噌(小さじ1)とろけるチーズ(1枚)   作り方1、椎茸

4つに分かれる肌タイプ

私たちのお肌はみなそれぞれ肌タイプは異なります。肌タイプはホルモンのバランス、年齢、季節、食生活さらには生活環境などに影響されるため、変化することもあります。まずお肌のタイプは大きく分かれて4つに分けられます。普通肌、乾燥肌、油性肌、混合肌この4つ

人気記事

ブログ記事1

ブログ記事1はこのように表示されます。ブログ記事1はこのように表示されます。ブログ記事1はこのように表示されます。ブログ記事1はこのように表示されます。ブログ記事1はこのように表示されます。ブログ記事1はこのように表示されます。ブログ記事1はこのよ

ブログ記事6

ブログ記事6はこのように表示されます。ブログ記事6はこのように表示されます。ブログ記事6はこのように表示されます。ブログ記事6はこのように表示されます。ブログ記事6はこのように表示されます。ブログ記事6はこのように表示されます。ブログ記事6はこのよ

この記事の関連記事

秋冬のための乾燥肌撃退ケアとは?

10月も後半となり涼しい日も増えましたね。また空気が乾燥してシワなどきになる季節ともなりました。目の周りの小じわやほうれい線気になりませんか?乾燥が原因でできる可能性もありますので、毎日のケアはとても大切ですよ。夏に紫外線をたっぷり浴びてダメージを

夏の終わりの肌ケア法

夏休みが終わった方もちらほらいらっしゃるのではないでしょうか?今年も暑い夏が終わろうとしていますね。また残暑もどれほど暑くなるのでしょうか?そん今回は暑い夏が終わりなので秋に向けてのケア方法をお伝えしていきたいと思います。夏は一番気にされていたのが

美肌レシピ〜トマトと玉ねぎの簡単サラダ

梅雨が明け暑い日が続くのかと思いましたが天気はイマイチですよね。そんな今日は夏野菜を使った簡単サラダをご紹介していきます。材料トマト1個玉ねぎ1/2個だし醤油適量トマトは一口大に切ります。玉ねぎは絡みがあるので塩で揉んでおきましょうトマトと玉ねぎ、


アーカイブ

2020

最新記事