▼ MENU

四十肩・五十肩について

投稿日: 2013年4月1日  | カテゴリ: 首・肩こり

四十肩・五十肩ではいつも動いていた肩が突然動かなくなったり、痛みで動かせなくなったりしてしまいます。


ほとんどの方には、腕が挙げられなくなったり、背中に手を回す事ができなくなったり(結帯動作)、頭の後ろに手を回す事ができなくなったり(結髪動作)などの症状が出てきます。


肩を動かす度に痛みが走るのでたまったものではありません。


中には夜寝ている時に痛みが出てきますので眠れない方も出てきます。


四十肩や五十肩というのは医学的には肩関節周囲炎と言います。


かかってしまった年齢によって呼び方が違っていますので状態はほとんど同じです。


四十代・五十代に多いというだけで、六十代や三十代の方だってなる方もいます。
もちろん七十代や二十代の方もいますからね。


よく患者さんから質問されますが、一度四十肩・五十肩なったらもうならないと思っている方が非常に多いです。


残念ですがこれは間違いです。年齢を表現した名称が変な誤解を招いてしまっているのでしょう。


発生機序からして何度でも起こる可能生がありますので、一度なった事がある方は特に予防するようにしましょう。


肩関節周囲炎は漢字の通り肩の周りに起こる炎症状態を意味します。


肩関節を構成するのは肩甲骨・上腕骨・鎖骨などの骨と、肩関節の動きを担当する筋肉や靭帯で構成されています。


肩関節はたくさんの骨や筋肉が合わさっている関節なので、人間の体の中では関節の動く範囲が一番広いため様々な動きをする事ができます。


その代償として脱臼をしたり、筋肉や靭帯を痛める可能性が他の関節よりも高くなってしまいました。


肩関節が正しく使えないと日常生活にとても影響しますので早い段階で施術に入る事をオススメしています。

<h3>四十肩・五十肩の原因</h3>
医学的には四十肩や五十肩の原因は不明と言われていますが、様々な要因が考えられています。


<ul>
<li>首や肩こり...首や肩の筋肉が疲労、凝りが慢性化してしまうと血流が悪くなり四十肩や五十肩の原因につながります。</li>
<li>不良姿勢...不良姿勢や、長い時間同じ姿勢でいると骨格が歪んでしまい、肩関節まで影響すると四十肩・五十肩につながります。痛みは少なく肩の動きが悪くなって行くのが特徴です。</li>
<li>運動不足...現代社会では腕や肩を動かす機会が減ってしまいました。動かさなくても生活出来るようになってしまったからですね。運動などで肩や腕をよく動かしている方は四十肩・五十肩になりづらいです。(この場合の運動は水泳やエアロビクスやヨガなどの負荷がかからないものです。野球やトレーニングは除きます。)</li>
<li>冷え...筋肉は冷えるとかたくなります。冷えだけでは影響は少ないですが、冷えに加えて他の要因が加わると、四十肩・五十肩につながります。</li>
<li>肩を使った運動...野球やトレーニングなどで肩の筋肉を酷使し四十肩・五十肩につながってしまうケースです。若い方に多いのはケースです。運動を休むだけでもある程度良くなる事があります。</li>
<li>怪我...転んだりで肩をぶつけたり、腕を骨折したり怪我から四十肩・五十肩につながることもあります。直接肩を痛めていなくても腕を固定して肩を動かさないでいると四十肩・五十肩になってしまうこともあります。</li>
</ul>


<h3>四十肩・五十肩は時間がかかります</h3>
残念ですが四十肩・五十肩は調子が良くなるまで時間がかかります。


早い方でも2〜3ヶ月かかってしまう方が多いです。


中には半年かかってしまう方もいらっしゃいます。

当院の患者さんの一番多いパターンですが、まず痛みが出て整形外科に行きます。


レントゲンを撮って、『骨に異常はない。少し様子をみましょう。』と、診断を受けて、電気療法、痛み止めと湿布を処方してもらう。


筋肉や腱が痛みの問題になることが多いのでレントゲンでは問題が見つからないケースが多いです。


痛みが強い方には注射をされている方もいます。


治療を続けて、中々動きが良くならずに他の施術を探してみて鍼灸院に電話してみる。

こんなパターンで症状が出てから三ヶ月以上経ってから鍼灸院や整体院に来院される方が多いです。


四十肩・五十肩で動きが良くなるには運動療法が必要です。


運動療法とは状態に合わせて関節を動かして動きを取り戻し、筋肉を刺激して筋力を取り戻す事です。要は運動や体操の一種ですね。


四十肩・五十肩の初期で炎症が強い場合は安静にする事が大切ですが、中期や後期に入ったら運動をしていかなくては行けません。


運動療法を取り入れている整形外科であればまだ良いですが、患者さんからお話を聞いていると非常に少ないです。


運動療法をしないで三ヶ月以上経ってしまうと、動かしていない分筋力が落ちています。


例え痛みが取れていたとしても筋力が弱ったままですから動きが良くなる訳がありませんね。


この筋力の低下が四十肩・五十肩を長引かせる原因です。


筋力が回復するのは早くても8週間はかかりますので、調子が良くなるまで時間がかかってしまいます。


何だが最近肩が動き辛くなってきたな...。位で施術に入れると一番良いですね。


<div style="text-align: center;"><aside>
四十肩・五十肩の方は体の深い部分の筋肉や腱が痛みの問題になることが多いですので、鍼灸を使ったコースがオススメです。
整体マッサージは表面の筋肉には強いですが深い部分の筋肉ですとほぐれるのに時間がかかってしまいます。
</aside></div>


<div style="text-align: center;"><a href="http://nature-body-seitai.com/2012/09/post-22.html">トータルボディケアコース</a></div>

新着記事

テスト

テスト   テスト     テスト   テスト   テスト

焼き椎茸〜妊活レシピ

ネイチャーボディでもココ何日かの寒さのためストーブが登場しました。 とても温かいです。 そんな今日は椎茸を使ったレシピのご紹介です。       材料椎茸(6個)しそ(3枚)味噌(小さじ1)とろけるチーズ(1枚)   作り方1、椎茸

4つに分かれる肌タイプ

私たちのお肌はみなそれぞれ肌タイプは異なります。肌タイプはホルモンのバランス、年齢、季節、食生活さらには生活環境などに影響されるため、変化することもあります。まずお肌のタイプは大きく分かれて4つに分けられます。普通肌、乾燥肌、油性肌、混合肌この4つ

人気記事

ブログ記事1

ブログ記事1はこのように表示されます。ブログ記事1はこのように表示されます。ブログ記事1はこのように表示されます。ブログ記事1はこのように表示されます。ブログ記事1はこのように表示されます。ブログ記事1はこのように表示されます。ブログ記事1はこのよ

ブログ記事6

ブログ記事6はこのように表示されます。ブログ記事6はこのように表示されます。ブログ記事6はこのように表示されます。ブログ記事6はこのように表示されます。ブログ記事6はこのように表示されます。ブログ記事6はこのように表示されます。ブログ記事6はこのよ

この記事の関連記事

焼き椎茸〜妊活レシピ

ネイチャーボディでもココ何日かの寒さのためストーブが登場しました。 とても温かいです。 そんな今日は椎茸を使ったレシピのご紹介です。       材料椎茸(6個)しそ(3枚)味噌(小さじ1)とろけるチーズ(1枚)   作り方1、椎茸

夏の終わりの肌ケア法

夏休みが終わった方もちらほらいらっしゃるのではないでしょうか?今年も暑い夏が終わろうとしていますね。また残暑もどれほど暑くなるのでしょうか?そん今回は暑い夏が終わりなので秋に向けてのケア方法をお伝えしていきたいと思います。夏は一番気にされていたのが

知ってる?正しい日焼け止めの塗り方とは!

朝も夜も関東も毎日暑い日が続いていますね。そして関東も梅雨明けしました。今年の梅雨は雨が少なかった気がします。このまま夏になったらどんだけ暑くなるのか想像がつきません。そして7月も後半!8月になったら、夏本番になったら暑いだけではなく女性が気にして


アーカイブ

2020

最新記事