MENU

妊娠中のシミ

2016年4月13日

こんにちは。

ネイチャーボディ受付の亜美です。

今日は久しぶりの雨予報。

そしてテレビでもCMが流れ始めましたが、

日焼け止めが必要な時期ですよね。

今の時期から紫外線はポカポカ陽気の3月くらいから増え始め、

5月〜8月でピークを迎えます。

来月からピークですよ。

紫外線は夏だけあるものではないんですよ。

そして妊娠中私が気になっていたのがシミです。

妊娠中はシミやそばかすができやすいよっと友人からは聞いてはいましたが、

こんなにできるとは。

甘く見ていました。

それまでシミはなかったのですが妊娠中にシミが何個かできているのに気づきました。

妊娠中はホルモンの関係で普段の時よりシミ、そばかすができやすく肌も敏感になっています。

シミ、そばかすはメラニン色素があつまってできたものなんです。

メラニン色素は表皮にあるメラノサイトという色素細胞が生成され、

妊娠して分泌が増えるホルモンのエストロゲンやプロデステロンの影響でその活動が活発になることから、

メラニン色素の生成が捉進されそばかすやシミが妊娠中はできやすくなるんです。

妊娠中は肌の健康もしっかりと管理しなくてはなりませんよ。

妊娠中の紫外線対策はシミ、そばかすをつくらないためにもとっても大切。

日焼け止めや日傘、つばが広い帽子も効果的ですよ。

妊娠中は肌が敏感になっているので日焼けにより湿疹ができたりもしますからね。

また人によってはツワリから普段使っていた化粧水の匂いが苦手になったりもするので。

体調や肌の状態、ツワリなどのマタニティトラブルの状態を見ながら化粧水なども普段使っているものと何種類か使い分けるといいかと思います。

あとは紫外線対策につきますね。


この記事の関連記事

海外の方に多いそばかす。日本人の中でもそばかすでお悩みの方は多くいらっしゃるかと思います。そばかすケアとして意識していただきたいのはやはり紫外線です。今の時期とても紫外線は強くだいたい秋である10月ぐらいまでは一年を通して紫外線がとても多いので、今

経皮毒みなさんは耳にしたことなどありますか?実は私もここ1年くらい前にお聞きしたばかりなんです。しかし経皮毒の怖さなど知ってよかったと感じましたのでみなさんにも知ってもらいたいなっと感じ、今回経皮毒についてご紹介させていただきたいと思います! 経

梅雨が明け暑い日が続くのかと思いましたが天気はイマイチですよね。そんな今日は夏野菜を使った簡単サラダをご紹介していきます。材料トマト1個玉ねぎ1/2個だし醤油適量トマトは一口大に切ります。玉ねぎは絡みがあるので塩で揉んでおきましょうトマトと玉ねぎ、


アーカイブ

2019

最新記事


© 2019 青葉台の一番よくなる整体ならネイチャーボディ All rights reserved.