青葉台で良くなると評判の鍼灸整体院

ネイチャーボディ鍼灸整体治療院


離乳食を始めるタイミング

3ヶ月赤ちゃんの首が座り始め表情が豊かになりますよね。
ママは体の疲れが出てくる頃かと思いますが我が子の可愛らしい表情に毎日癒されているのではないでしょうか?

そして5、6ヶ月になると赤ちゃんの人見知りが始まる子もちらほら、
それぞれの個性が出始め育児の楽しさを感じたり、離乳食を始める方も多いのではないでしょうか?

私は長女は5ヶ月後半ぐらいから始めました。
そして長男は6ヶ月過ぎから離乳食をスタート。
なんで兄弟で離乳食のタイミングが違かったかというと私自身の育児をする上での気持ちの余裕であったり、子供達のタイミング、
また産まれた月も違うので季節を意識してみたりと私なりに考えてそれぞれ一人一人の事であったり、
作る側の私のタイミングを見て離乳食を始めたため時期が違います。

私はママと赤ちゃんのタイミングが合う時に離乳食はスタートすればいいのではと我が子の育児をした経験から思っています。
5ヶ月、6ヶ月になったから始めなきゃと気持ちばかりが焦ってしまいますよね。
離乳食を始めるという事は赤ちゃんにとっても初めての経験でそしていままでミルクや母乳だけだったのに
専門家ではないのでこうだっとは言えませんが、2人の子供達を育てている経験者として私だからこその考え方を少しでもママさん方の参考になればと思いご紹介させていただきました。

離乳食を始めるとなると日によって食べてくれたり、食べてくれなかったり日によってムラがあるかと思います。
ママとしては一生懸命作った離乳食をたくさん食べてほしいし、我が子には大きくなってもらいたいという気持ちはママであるからこそ気持ちは強いのではないでしょうか?

しかし自分の期待とは違いあまり食べてくれなかったり、また離乳食をつくらなきゃという責任感など産後休まず育児をしてきているママさんにとっては離乳食がストレスになってしまう事があるかと思います。
なので私はママさんのタイミングと赤ちゃんの成長のタイミングがあった時に離乳食は始めるのが一番いいのではないかと思います。

食は私達の口から入り栄養となり私達の体がは作られます。
食べる事ってすごくエネルギーがいる事だと私は思っています。
エネルギーがあるからこそ食べれる。
元気な証拠ですよね!

食事ってすごく大切な時間だと思うんです!
楽しく、美味しく食べたいし、食べてもらいたい!
食べるってすごいく大切な事なんだよって子供達に私は伝えたいです。
大切な事だからこそ私はママの心に余裕がある時、赤ちゃんが食べたいという意思表示ががっちりあった時のタイミングで離乳食が始められたらいいですよね。

赤ちゃんは最初もうドロドロのおかゆから離乳食はスタート。
もう2歳にもなれば色々なものを食べます。
隠れてつまみ食いとかしている光景も我が家ではちらほら。笑
自分でスプーンやフォークを持ち、そしてお箸だって私達のまねをして持ちたがりますよ!

すごい成長ですよね。
離乳食の始めた時のエピソードも必ずいい思い出になりますよ!
頑張りすぎず楽しく離乳食を初めて行きましょう。

ネイチャーボディ鍼灸整体治療院のご案内

住      所:
〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台1-28-4-102
アクセス:
青葉台駅徒歩6分
お問い合わせ・ご予約
045-989-3130
受付時間:
平日10:00~20:00
土曜10:00~16:00
定休日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ