青葉台で良くなると評判の鍼灸整体院

ネイチャーボディ鍼灸整体治療院


知ってる?正しい日焼け止めの塗り方とは!

朝も夜も関東も毎日暑い日が続いていますね。

そして関東も梅雨明けしました。

今年の梅雨は雨が少なかった気がします。

このまま夏になったらどんだけ暑くなるのか想像がつきません。

そして7月も後半!

8月になったら、夏本番になったら暑いだけではなく女性が気にしている日差しがもっと強くなりますよね。

日焼け止めは一年中つけていただきたいですが夏はたくさんの方が使いますし、

何本も購入しましたという声、もちらほら聞いています。

そんな日差しが強い日が続く前にまず私のオススメの日焼け止めを塗る前のワンポイントアドバイスをご紹介していきたいと思います。

まずみなさんには想像していただきたいです!

突然ですが問題です!!

①凝らした食パンやお餅などをそのままトースターで焼くのと

②一度水分をふきかけてから焼く

①or②ではどちらが先にこんがり焼けると思いますか?
簡単かな?


正解は・・・。

です。

しっかりと水分で湿らすとじんわりと焼けていきます。
水分が付いてないとすぐに丸焦げということもあります。

実はお肌もこれと一緒の考えなんです。

普段からしっかりお肌を保湿してあげることで、

水分がお肌にしっかりある状態の方は焼けにくい。

だからこそ日焼け止めを塗る前にはしっかり保湿してあげるのがシミ対策などにつながってきます。

これは美肌、肌トラブルを抱えないためにはとても大切かと思います。

いつまでも綺麗で、肌のお悩みを抱えたくないという女性は多いのではないでしょうか。

そのためには毎日、また日焼けなどしそうな日の前日にはたっぷり贅沢に化粧水で保湿してみてください。

化粧水でたっぷり保湿!かなりポイントですよ。

そのあとに化粧水をしたお肌の上から乳液で蓋をして保湿してあげましょう。

この普段何気なく女性が毎日しているケアがすごくすごく大切なんです。

なかなかエステにも行けなかったり、普段のお手入れに時間をかけられない方も、

毎日のケアこそが実は私たちの何十年後のお肌も作っていますので、

化粧水はたっぷりと使ってみてくださいね。

そして朝でもたっぷり水分を与えると日焼け止めが浮いてしまってつけにくい、良くないのではと思うかたもいらっしゃますが、

肌の奥へしっかり保湿をしてあげるのがポイントです。

コットンなどを使うと手に出して使用するよりたっぷり使うことができますのでできればコットンを使って化粧水をお肌へとケアしていただけたらと思います。

ワンポイントアドバイスとしては、

お顔でしたら日焼け止めを塗る前にティシュOFFしてあげることで化粧もしっかり乗ってくれますよ。

ぜひやってみてください。

これから夏は紫外線だけではなくエアコンなどで肌も乾燥しますので、

保湿と紫外線対策としては日焼け止めはお肌にしっかり塗ってケアしていきましょう。


日焼け止めお顔に塗る量は?オススメ法はこれ!


お顔に塗る日焼け止めの量存知ですか?

私のオススメはパール2個分ほどがオススメです。

ちょっとおおいかなっと思いますが、

首元までしっかり塗ってい開きたいので大丈夫です。

しっかり顔全体に塗ってあげて、最後は押し込むように手のひらで抑えてあげてください。

外出の際にはSPF50がよろしいかと思います。

また塗り直しの際には乳液があると実は便利なんです!

乳液で日焼け止めを落としてあげて、その上から再度日焼け止めを塗ってあげると綺麗に塗れますよ。

海のレジャーなどなかなか顔を洗うことができない際にはかなり使えますよ!

塗り方、再度塗り直すポイントとして参考にしていただけたらと思います。

ぜひ試してくださいね。

ネイチャーボディ鍼灸整体治療院のご案内

住      所:
〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台1-28-4-102
アクセス:
青葉台駅徒歩6分
お問い合わせ・ご予約
045-989-3130
受付時間:
平日10:00~20:00
土曜10:00~16:00
定休日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ