青葉台で良くなると評判の鍼灸整体院

ネイチャーボディ鍼灸整体治療院


テニス肘・野球肘について

痛みに耐えながらスポーツに励んでいるあなたへ。

今回は手や肘の痛みについてお話しして行きたいと思います。

中には体に良いはずのスポーツに励んでいるのになぜか痛みが出てしまう。


肘の問題で最も多い野球肘やテニス肘はこんな方に多いかもしれません。


またはお子さんを抱っこすることで知らず知らずのうちに筋肉が疲労し、痛みに変わっていく。

こんな場合も産後の骨盤矯正に力を入れているネイチャーボディでは多くみられます。

抱っこをしなければ痛みもなく早く治るのですが、お子さんが小さい時はそんな事は出来ません。我慢せずに早めに治療に入りましょう。


特に手首や肘を捻ったりしていなければ、筋肉の使い過ぎによる腱鞘炎を引き起こしている場合が多いです。


筋肉の一部である腱に起きる炎症です。筋肉痛とは痛みの質が違い、多くは対象となる筋肉を動かした時に痛みが出ます。


スポーツでの手〜肘の痛み


特にスポーツをされている方ですが、スポーツ後に必ずアイシングをしましょう。
テニスや野球をされている方は特にアイシングをしなくてはいけません。


あなたが思っている以上にスポーツをすると筋肉は傷ついています。


スポーツ後の状態は細胞レベルでは筋肉が裂けて炎症を起こしています。簡単に説明すると軽い肉離れを起こしている状態ですね。


よく野球のピッチャーは投球後にアイシングしていますよね?


私たちも同じで使った後は冷やして熱を取るのが基本です。


アイシングは必ず氷水を使用して患部に10〜15分間です。


外出時は保冷剤でも良いですが、なるべくアイシングには氷水を使いましょう。冷えすぎないので回復が早いです。


このパターンを1サイクルとして、痛みが強ければ一時間あけてもう一度やりましょう。


アイシングをした日はお風呂でじっくり体を温めるのも控えましょう。炎症がぶり返してしまいます。


それでも痛みが引かない場合は、早めに治療を受けた方がいいと思います。


手〜肘の痛みの治療について


スポーツにおいて手〜肘に痛みが出るという事は、スポーツ時に体全体を使えていない事が考えられます。


テニスでいう手打ちや、野球でいう手投げですね。


多くの方は体が捻れたままスポーツをしていますので、体全体をうまく使いこなす事が出来ずに、体の特定の部位に痛みや疲れがたまってしまいます。


痛みを取ることが大切ですが、その後に痛くならないようにスポーツを続けて行くことが重要です。


スポーツは体に良いことなので辞める事はしないでくださいね。その前に施術を受けましょう。


育児での腱鞘炎に対しては、体のねじれをとって首と肩の緊張を取らなくてはいけません。それから問題になっている手〜肘の施術に移ります。

場合によっては指まで痛みが出ることがありますので、手や肘からくる痛みと大きく関連があります。


ポイントは日常的に使われている筋肉に刺激をいれて行くことです。


疲労するストレスより回復する刺激が上回ると良くなってきます。


我慢しても良くなるものでもありませんので、お子さんの成長は待ってくれませんので早めに施術にはいりましょう。


ネイチャーボディ鍼灸整体治療院のご案内

住      所:
〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台1-28-4-102
アクセス:
青葉台駅徒歩6分
お問い合わせ・ご予約
045-989-3130
受付時間:
平日10:00~20:00
土曜10:00~16:00
定休日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ