青葉台で良くなると評判の鍼灸整体院

ネイチャーボディ鍼灸整体治療院


不妊症について

不妊症とは

日本では、夫婦の10組に1組が不妊症といわれています。
「不妊症」とは、「定期的な性生活を送り、とくに避妊などをしていないのに、2年以上妊娠しない場合」をいいます。
原因は男女双方に考えられます。割合は女性約4割、男性約3割、双方または不明が約3割と言われています。子供が欲しい夫婦にとって切実な問題です。
適切な治療を選択する為にもまずは原因を調べる事が重要です。主な原因として西洋医学では次のようなものが考えられます。

女性不妊症の原因

女性不妊症の原因の多くは、骨盤内の血液循環が悪く卵巣や子宮に充分な栄養が行き届いていない事が多いようです。
血流不足によってホルモンの分泌が悪くなることにより、妊娠に必要な良い卵子が成長しないことや、子宮内膜が薄くなっていて受精卵が着床しにくくなっている事が考えられます。
内分泌・排卵因子...卵子が排卵されない・されにくい状態

・性腺刺激ホルモン分泌障害
性腺刺激ホルモンには、卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)の2種類があり、脳下垂体前葉から分泌されると卵巣が刺激され、卵胞の発育・排卵・黄体形成を促します。分泌が正しく行われないと卵子が育たず排卵障害となる可能性があります。鍼灸の適応となります。
・黄体機能不全
排卵後の卵胞(黄体)から分泌されるプロゲステロンが分泌されない状態です。プロゲステロンは着床を左右する子宮内膜の肥厚、妊娠を維持するために必要なホルモンです。鍼灸の適応となります。
・高プロラクチン血症
プロラクチンは脳下垂体から放出されるホルモンで出産後に乳汁を分泌させる、月経・排卵を抑える働きがあります。妊娠前に分泌されると不妊症の原因になることがあります。鍼灸の適応となります。
・多嚢胞性卵巣症候群
小さな卵胞が卵巣の中にたくさんある状態で、ある程度の大きさにはなるのですが、成育に時間がかかり、排卵がおこりにくくなります。良い状態ではたくさんある卵胞の一つが約一月のうちに成熟し、排卵するといわれています。鍼灸の適応となります。
・早期卵巣機能不全
20~30歳代で卵巣機能低下で無月経となったり、40歳未満で閉経してしまう状態です。卵巣に卵胞が残っている場合には誘発して排卵できる可能性があるので西洋医学との併用で状況により鍼灸の適応となります。

卵管因子...精子と卵子が出会えない状態

・ピックアップ障害
排卵した卵子が何らかの原因で卵管采から卵管内に取り込まれない状態です。精子と卵子の出会いが少なくなるので不妊症の原因となることがあります。鍼灸の適応となります。
・受精障害
卵子と精子の質によって受精がうまくいかない状態ですので不妊症の原因となることがあります。卵子を活性化させることが重要です。鍼灸の適応となります。
・クラミジア感染症
性行為感染症の一つで、現在・過去に感染した事により卵管の癒着や閉塞を伴うことがあります。子宮外妊娠や不妊症の原因になることがあります。西洋医学との併用で状況により鍼灸の適応となります。
・卵管留水腫
卵管の末端部分の卵管采に水がたまって通過障害を起こした状態です。卵管閉塞の一部ですので病側での妊娠成立は難しくなってきますので不妊症の原因となることがあります。クラミジア感染症などでおきる「骨盤腹膜炎」が原因となることがあります。西洋医学との併用で状況により鍼灸の適応となります。
・子宮内膜症
子宮内腔以外の部分に子宮内膜が成育してしまう状態です。卵巣・卵管・直腸・腹腔などにできると不妊症の原因となることがあります。西洋医学との併用で状況により鍼灸の適応となります。

子宮因子・・・胚が子宮に着床しにくい状態

・子宮筋腫
子宮の中に筋肉のこぶが出来てしまう状態です。数やサイズが大きい場合は不妊症の原因となることがあります。子宮筋腫は成人女性10人中2~4人にみられるといわれています。鍼灸の適応となります。
・子宮腺筋症
子宮の筋層に子宮内膜の組織が出来てしまう状態です。強い月経痛が特徴で不妊症の原因となることがあります。鍼灸の適応となります。
・子宮奇形
子宮の奇形によって着床しにくい場合がありますので不妊症の原因となることがあります。個人差が大きので適切な診断が求められます。奇形の度合いによっては鍼灸治療が適応となります。
・アッシャーマン症候群
子宮内膜が癒着してしまった状態です。着床が難しくなるので不妊症の原因となります。西洋医学優先で鍼灸での治療は難しいと考えます。

頚管因子...精子が子宮内に入りにくい状態

頚管粘液が少ない・抗精子抗体の場合不妊症の原因となることがあります。鍼灸の適応となります。

男性不妊症の原因

男性不妊症の原因の多くは精子の数が少ない、または運動率が低く元気がない場合が多いようです。
乏精子症・無精子症・精子無力症・無精子症・精管通過障害・性交障害などがありますが、基本的には西洋医学との併用で状況により鍼灸の適応となります。

男女間の不妊症の原因

夫婦の適合性が悪くて妊娠できない場合もあります。そのひとつが、抗精子抗体です。
本来身体には、外部から体内に入る異物を排除する働きがあります。なかには精子を標的とした抗体が作られてしまう場合があります。この抗体を抗精子抗体といいます。
近年研究が進み不妊の原因になっていることがわかり、原因不明と考えられていた不妊症の原因の13%にもなっていると言われています。この抗体は男性にも女性にもできることがあるので、不妊症検査をするときにはお二人で検査を受けられた方がよいでしょう。

原因不明の不妊症の場合

以上の原因のいずれにもあてはまらないのに、なぜか妊娠しない、現在の医学では原因がわからない不妊症を、「機能性不妊症」といいます。
このタイプの不妊症は、全体の約10%あるといわれています。鍼灸が最も活躍するケースがこのタイプです。

ネイチャーボディの不妊はり・きゅう整体コース

ネイチャーボディ鍼灸整体治療院のご案内

住      所:
〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台1-28-4-102
アクセス:
青葉台駅徒歩6分
お問い合わせ・ご予約
045-989-3130
受付時間:
平日10:00~20:00
土曜10:00~16:00
定休日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ